FC2ブログ

ご案内

Nikkoh のフェチブログへようこそ。

当ブログの記事内容には、男性の同性愛(ゲイ・ホモ)に関する内容 が多数含まれています。

また、白ブリーフ,白短パン,男性同士の尻叩き(スパンキング),お仕置き,管理教育,丸刈りといったフェチに関連した記事 がほとんどを占めています。

※ スパンキングについては、上記の諸要素を交えつつ、小説の創作もしています。僕の書いたスパンキングの小説(及びそれに類するもの)のリストは、http://nikkohbrispa.blog.fc2.com/blog-entry-174.html です。

以上の点を、よくご理解いただいた上で、ご自身の判断と責任に基づいてご覧ください。
(不快に思われる方、その恐れのある方は、閲覧しないことを強く推奨します。万一、ご覧になって不快な気持ちになられても、当方は一切の責任を負いません)

なお、軽いアダルト要素を含むので、未成年者の閲覧を禁止 します。

このブログの記事の中には、スパンキング,お仕置きを扱ったものがありますが、現実の父子間や教師・生徒間などの人間関係においての一切の体罰や暴力行為を推奨するものではありません。

このブログの記事の中には、管理教育のことを扱ったものがありますが、主に歴史的事実としての管理教育のことをアーカイブ的に伝えたり、虚構としての管理教育ネタを楽しむ意図であり、現実の教育における管理教育を推奨するものではありません。

グンゼ KG アウトゴムブリーフ 150サイズ (90年代末~00年代前半)

グンゼ KG は現在は中国製で「スパンブリーフ」のみとなっています。 
かつては日本製で、「天引きブリーフ」と「アウトゴムブリーフ」もありました。

今回は、90年代末~00年代前半にかけてのアウトゴムブリーフをご紹介します。 

ちょうど僕が10代の頃の製品で、中3の頃(2002年)には 150 サイズを実際に穿いていました。
 
(ゴムまで真っ白のスパンブリーフがほとんどだったが、このアウトゴムブリーフも1枚持っていた) 
僕にとっては、とても懐かしい商品です。

グンゼ KG アウトゴム パッケージ表 KM4975 グンゼ KG アウトゴム パッケージ裏 KM4975

パッケージは上のような感じで、「アウトゴムブリーフ」と表示されています。
150~160サイズのものには、「小・中 学 生用」の表示も入っていました。

グンゼ KG アウトゴム 表 KM4975 グンゼ KG アウトゴム 裏 KM4975 グンゼ KG アウトゴム ゴム部分 KM4975

平置きです。(クリックすると拡大表示できます)
アウトゴムには、"KEEP ON GOING!" と記されています。
 

グンゼ KG アウトゴム 前面(1) KM4975 グンゼ KG アウトゴム 前面(2) KM4975

グンゼ KG アウトゴム 背面(1) KM4975 グンゼ KG アウトゴム 背面(2) KM4975

着用するとこんな感じになります。 
80年代後半生まれくらいの世代だと、このアウトゴムブリーフを懐かしく感じる人が居そうですね。 
グンゼ KG が中国製になり、パッケージが一新されてからも、しばらくはアウトゴムブリーフが生産・販売されていたようです。しかし、どこかのタイミングで廃盤となったようですね。

中国製になってからの KG アウトゴムブリーフ(クリックで拡大表示)
グンゼ KG アウトゴム パッケージ表 SC4975 グンゼ KG アウトゴム 表 SC4975 グンゼ KG アウトゴム 裏 SC4975




[K中シリーズ] 入学説明会の(架空)資料

新年度を前にして、入 学 説明会が行われたりする時期ですね。 
というわけで、K中の入 学 説明会 資料(男子の服装篇)を作ってみました。
あくまでも架空のもので、実際に配布されたものではありません。
ただし、内容については僕が在校時のK中の実際の運用(不文律を含む)に即しています。

===============
=============== 

本校には基礎・基本を大事にして定められた服装があり、長らく継承されています。
「形は心を司る」と言います。よく整った服装で、日々の学校生活を送って欲しいと思います。 

〇 冬制服
 黒のつめえり学生服,黒の長ズボン(標準型) 
 黒の学生帽(校章付で、あごひもは無し) 
 学生服の下には白無地のカッターシャツを着用。 
 学生服のホック・ボタンは常時すべて閉じること。 
〇 夏制服
 白の半そで開襟シャツ,黒の長ズボン 
 白の体操帽子(校章入り) 
 開襟シャツの下には白無地のランニングを着用。 
〇 鞄
 肩掛けカバンを使用。教科書類はすべてこちらへ。 
 サブバッグは校章入りの紺色ナップザック。 
〇 靴 
 白色のひも付き運動靴。ロゴ等の入ったものは不可。 
〇 ベルト 
 黒または紺色の無地で、幅3センチ程度のベルト。

〇 体操服 
 白色体操帽子(校章付) 
 白色体操シャツ(カンコー製 ヨーク襟,左胸に学年色名札) 
 白色短パン(カンコー製 綿+ポリエステル素材,尻ポケットに学年色名札)
〇 ジャージ
 紺色のジャージ上下(左胸に校章と学年色名札)

※ 注意点など 
 1)小学校で着用した同仕様の体操シャツ,短パンは、継続して使えます。名札は必ず付けてください。
 2)体操シャツの下には、何も着用しません。 
 3)短パンの下には、白のブリーフを着用します。(色柄物のパンツは禁止) 
 4)ジャージは体操服・短パンの上に着用します。
 5)体育でのジャージ着用は、11月下旬~3月が原則です。

〇 下着
 パンツは「白色無地のブリーフ」を着用。 
 シャツは「白色無地のランニング」を着用。  
 色物・柄物は禁止。ワンポイントも不可。 Tシャツ・トランクスは着用しない。 
〇 靴下  
 「白色無地のレギュラーソックス」を着用。  
 色物・柄物は禁止。ワンポイントも不可。 ハイソックス・くるぶし丈は着用しない。

入学説明会資料_その1_mini

入学説明会資料_その2_mini

入学説明会資料_その3_mini
============================== 

この説明会の後には、息子のために校則所定の下着を買い求める母親たちが、続々と校区内のスーパーへ向かうことでしょう。
そして、各店舗では、白ブリーフ・白ランニングを大量に陳列して準備万端ですね(笑) 
現実においても、僕が中 学 生だった頃のK中近隣の店舗は、他地域の店舗に比べて白ブリーフと白ランニングの売り上げが顕著に良かったはずです。特異的な売り上げとして、店舗やメーカーなどで話題になっていたかもしれませんね。


グンゼKG ブリーフとランニング 160サイズ

なお、関連した記事として、2015年に書いた小編  兄ちゃんのパンツ  もぜひお読みくだされば幸いです。

------------------------------------

☆ 中学時代の思い出シリーズの目次は、 
 こちら  からどうぞ。


K中(その13) 防寒具の規定  


K中(その13) 防寒具の規定 (2022年2月4日公開) 

------------------------------------

K中でも、冬季は防寒具を使うことができました。
一応、12月~3月ということになっていましたが、11月下旬から許可されていたと思います。(少し記憶が曖昧)

生徒手帳には、以下のような記載がされていました。 
  • 手袋は無地の白色とする。 
  • 女子のコートは学校で指定された型で、色はベージュを原則とする。
  • セーター類は白、黒、紺、灰色で、制服から出ないものとする。
  • ストッキングは肌色を着用する。
  • 自転車通学者については、自転車のハンドルカバーを着用してもよい
自転車のハンドルカバーって、使ってる人を見たことがないです(笑) 

生徒手帳には書かれていませんが、マフラーは禁止 でした。 

セーターが学ランからはみ出していると注意されるので、気を付けていました。
特に袖口のところが要注意なんですよね。 
(下の写真のように、カッターシャツの袖口がセーターからはみ出すように着ていました 笑) 

202202022346251dc.jpg 20220202234639dc0.jpg 202202022346509dc.jpg

手袋が "無地の白色" となっているのが厳しいですよね。真っ白な手袋って、なかなか売っていないものです。 
セーターは4色OKなんだから、黒・紺・灰色の手袋も許可すれば良いのにと思っていました。
僕が通った頃のK中では、軍手で代用している子 が結構多かったです。僕もその一人でした。 
軍手の場合、黄色いイボイボが付いているようなものでも、黙認されていました(笑) 
(ちなみに、冬の野外での体育の授業でも、軍手をはめることができた) 

学ランを着て、学生帽をかぶって、手には白の手袋(軍手が多し)というのが、21世紀初頭における、冬のK中男子のスタイルでした。

20220204224006ef3.jpg  20220204224023e2c.jpg 
20220204144849fec.jpg 202202041449062e4.jpg 20220204144917a21.jpg 
2022020414493266b.jpg 2022020414494287d.jpg 202202041449598f9.jpg

------------------------------------

☆ 中学時代の思い出シリーズの目次は、  こちら  からどうぞ。 



三学期身体測定 (公式HP風)

『三学期身体測定』(公式HP風) 
20220122140656bc4.jpg

男子全員が清潔な白の下着(ブリーフとランニング)で臨むことができたようです。 
とても健全で、佳き光景ですね。
管理教育全盛だった80年代~90年代初頭くらいの中学であれば、わりと普通に見られた光景なのでしょうね。 
そして、もし当時学校のHPがあったとしたら、こういう記事が本当に掲載されたかもしれませんね。


20220122150016344.jpg 20220122150024759.jpg

僕は小6(1999年)までは下着姿で測定でしたが、中学では体操服+白短パンでの測定でした。
もし中学でも下着姿ならば、白ブリーフ+白ランニングで整列だったんでしょうね。


羽田圭介氏が白ブリーフを称賛した件が報じられる

羽田圭介氏が白ブリーフを地上波TVで称賛されていた件について、前回(1/9)の更新 でご紹介しました。 
この件がネットニュースでも取り上げられていたので、ご紹介します。

バス旅圧勝の原因?羽田圭介が十数年ぶりに愛用しているアイテムを激白! 
(2022年1月12日付,アサ芸plus) 
※ 以下、一部を引用。

道中、羽田はバス旅を支えるあるアイテムを明かした。それは「白ブリーフ」。バス乗車中にアンダーウエアに話が及んだ時、羽田は「ボク、今、十数年ぶりに白ブリーフを穿いているんです」と告白。さらに「白ブリーフめちゃくちゃ快適ですよ。バス旅で」と明かした。

「羽田氏といえば自動車を購入するにあたり、十数台も試乗を繰り返してやっと決めたというこだわり派。そんな人が選んだだけに、白ブリーフがいいという言葉にも説得力がありますね。河合郁人も『踊っている人も1回穿くとハマるらしいですよ』と同意していました」(テレビ誌ライター)

 快適さ以外に「白ブリーフのどこがいいのか」を明かすことはなかったが、他にも理由はありそう。ふだんの生活はもちろんだが、バス旅では特にいいという口ぶりだった。

「バス旅はひたすらバスに乗っているか、長い距離を歩いているかのどちらか(笑)。そこから察するに、座っていても運動していても白ブリーフは快適ということは言えるでしょう。今回、圧勝した要因のひとつが白ブリーフなのかもしれません」(前出・テレビ誌ライター)


※ 引用ここまで。

"こだわり派" の羽田氏には、ぜひとも今後は白ブリーフを常用していただきたいものです。 
羽田氏がこだわって選んだ白ブリーフが、どこのメーカーのどんな銘柄のものなのか、少し気になるところではあります。庶民的価格帯のものなのか、あるいは、百貨店で1枚2000円とかで売られている高級品なのか(笑)


白ブリーフは、穿き心地のよさ(やさしいフィット感)や動きやすさ(足さばきの良さ)などの良さがあり、白色であることから衛生的に保つことにもつながります。下着として、高い機能性を持っています。かつては男性用下着の王道で、多くの男性が当たり前のように着用していたアイテムなのです。
ネガティブなイメージが根強く、最初から食わず嫌いのような形で忌避されてしまっている節があるのがとても残念です。一つの選択肢として、もっと普通に選ばれるようなアイテムに復権して欲しいと思います。 

そのために、著名人とされる方々が白ブリーフの良さを発信してくれることは、とても大きな意味を持ちます。

Appendix

プロフィール

日光(Nikkoh)

Author:日光(Nikkoh)
ギリギリ昭和生まれのゲイです。
生粋の白ブリーフ派。幼少の頃から30年と少し、僕のパンツはずっと変わらず、真っ白なブリーフ(スタンダード)オンリーです。 
白ブリーフ・白短パン・スパンキングなどについて、いろいろ調べたり妄想したりしています。
このブログへは、それらのフェチに関する内容について書いた記事を格納していきます。
《 未成年者の閲覧を禁止 》します。
成人の方は、ご自身の判断と責任に基づいてご覧ください。
なお、当ブログには、

・ 現実の人間関係においての一切の体罰や暴力行為
・ 現実の教育における管理教育

を推奨する意図はありません。

最新コメント

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR