FC2ブログ

Entries

新刊小説紹介 『スパンキングエール ~仲良し兄弟編~』 / その他の小説紹介


5月に小説(God Hand KOBUN Teacher)を紹介させていただいた晶さんの新刊小説です。スパンキングと白ブリーフをテーマとした、温かい雰囲気の作品です。デジタル版で購読できます ので、よろしければご一読ください。

『スパンキングエール ~仲良し兄弟編~』
 PDF形式/小説+挿絵(2点)/28ページ(表紙含む)/ 200円 

スパンキングエール1  スパンキングエール2

野球部の兄(片岡優真)はスランプに悩んでいた。お兄ちゃん大好きの弟(片岡元勢)は力になりたい。テニス部での出来事をヒントに、元勢はお兄ちゃんを励ます方法を思いつく――。
イジメや暴行のニュアンスは一切なく、叱咤激励としてお尻を叩くストーリーです。
ピュアなほのぼの兄弟愛をお楽しみください。 白ブリーフも盛りだくさんです(笑)




☆ 事のついでに………

僕がかつて執筆していた小説の一覧は こちら です。
ディシプリン・スパンキングと白ブリーフがメインテーマです。管理教育をテーマとした作品もあります。 
一部の作品は、友人である太朗さんへの寄稿作品となっています。

太朗さんの小説もおススメです。僕のイチオシは以下の通りとなります。

[1] 『色柄を持たないパンツはく山崎すぐると彼の担任の中村大悟』 シリーズ

〈 スパンキング 〉〈 白ブリーフ 〉〈 管理教育 〉 のいずれかに惹かれる人であれば大いに楽しめるシリーズです。
 
中村大悟は、1965年生まれの数学教師。大学時代にはラグビーに熱中していた、文武両道の人です。
山崎すぐるは、1980年生まれで、題名にもある通り大悟の教え子です。大悟のことを、〈 兄 〉 のように慕っています。
もちろん、2人とも、パンツは白ブリーフです(^^) 
太朗さんが書かれた原作では、すぐるの中学時代と高校時代がたくさん描かれていて、彼が教師になった今(大悟に憧れるすぐるは、自らも数学の教師になるのです)が少し描かれています。
本編に添えられている番外編まで含めると、大悟の中学時代のエピソードなども入っています。番外編07『頭髪検査と懲罰床屋 1980』はたいへん長大であり、もはや独立した一作品となっています。僕のお気に入りの作品の1つです。
また、僕はこの作品の世界を舞台として、すぐるや大悟の大学時代のエピソードを書かせていただきました。 

[2] 『ケツピン棒の思い出』 シリーズ 

こちらも、〈スパンキング〉〈白ブリーフ〉〈管理教育〉のいずれかに惹かれる人には大いにおススメです。
昭和50年代の中高一貫男子校を舞台とした作品です。体育教師の津島先生と、漢文教師の町田先生、そしてやんちゃな生徒である目蒲くんと、優等生の山口くん。彼らの織りなすストーリーをぜひお楽しみください。
また、僕はこの作品の世界を舞台として、ギョウチュウ検査に関するお話を執筆させていただきました(^^) 

[3] 金サポ翔太の物語シリーズ 

こちらも、〈スパンキング〉〈白ブリーフ〉〈管理教育〉のいずれかに惹かれる人には大いにおススメです。
21世紀初頭(?)の男子高を舞台とした作品です。体育教師の "ゴリ" の人物設定が強烈です(笑) 
『ゴリのブリーフ検査』はもちろんのこと、『エッサッサ!』と『 シューベルト事件』も必読です。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nikkohbrispa.jp/tb.php/281-6ec4dfb5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

日光(Nikkoh)

Author:日光(Nikkoh)
ギリギリ昭和生まれのゲイです。
生粋の白ブリーフ派。幼少の頃から30年と少し、僕のパンツはずっと変わらず、真っ白なブリーフ(スタンダード)オンリーです。 
白ブリーフ・白短パン・スパンキングなどについて、いろいろ調べたり妄想したりしています。
このブログへは、それらのフェチに関する内容について書いた記事を格納していきます。
《 未成年者の閲覧を禁止 》します。
成人の方は、ご自身の判断と責任に基づいてご覧ください。
なお、当ブログには、

・ 現実の人間関係においての一切の体罰や暴力行為
・ 現実の教育における管理教育

を推奨する意図はありません。

最新コメント

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR