FC2ブログ

Entries

下着姿での身体測定

新年度と言えば、「身体測定」ですね。 
現代では、小1から体操服での測定が当たり前でしょう。 
ただ、時代を遡れば、中 学 生でも下着姿での測定を普通にしていた時代もあったようです。 
(90年代前半までに中 学 時代を過ごされた方は、実体験があるかもしれません) 

      (朝日新聞記事。福井市の中学の約半数で、1990年時点で、男子はパンツ一丁で身体測定をしていた) 

僕はというと、以下のような感じで、小 学 生のうちは下着姿での測定でしたが、中学では体操服を着用しての測定でした。

  •  小1〜小3(1994~1996) … パンツのみ
  •  小4〜小6(1997~1999) … パンツ+シャツ
  •  中1~中3(2000~2002) … 夏用体操服(白短パン+白体操シャツ) 

中1の春、身体測定が下着姿だったら凄いだろうなあと妄想を膨らませていたのですが、普通に体操服を着ての測定だったので少し残念でした。 
このブログで何度も書いている通り、僕の通った当時のK中では、下着は白無地のみでTシャツとトランクスは禁止でした。したがって、もし下着姿での測定であれば、真っ白のブリーフとランニング姿の中 学 男 子たちがずらりと並ぶ光景が繰り広げられたはずなのです。

中 学時代、そんな下着姿での身体測定をよく妄想していました。 
たとえば、僕の脳内で描いていた "ほけんだより" は下のような感じです(笑)

身体測定の服装(ほけんだより)

教室で下着姿になるのは、妄想とはいえかなり恥ずかしそうです。 
小 学 時代にもそのような経験はありません。体育館や保健室など、測定場所へ移動してから脱衣していました。

『下着は白無地で、ブリーフとランニングのみ。色柄物のトランクスやTシャツは禁止』 
これは、K中の校則規定の通りです。きちんと守っていれば、自ずと全員がこうなるのです(笑) 
実際にはランニングはほぼ100%着用されていましたが、ブリーフはきちんと穿いてこない子も居て、中3になると約半数はトランクスを穿いてきていました。 
もし、身体測定が下着姿だったら、きっとその日はランニングはもちろんのことブリーフの着用率も 100% になっただろうなと思います。(トランクスだと怒られますから) 

身体測定の服装

何百人もの男子(それも小 学 生ではなく中 学 生)がこの恰好……凄すぎます。 
一度でいいから、中 学で下着姿での測定を経験してみたかったです(笑)

白の長袖シャツ(下着)

今年は春の訪れが早く、とても暖かい3月でした。 
冬場の寒い時期には、基本的に長袖のシャツ(下着)を着ているのですが、今年はもう着ることはないだろうということで、きれいに洗って片付けました。 
次の出番は、11月の半ばとかになることでしょう。 

長袖のシャツ(下着)、もちろん(?)、グンゼの白です。 
下着は真っ白のものしか着けません。そこは徹底しています(笑) 

長袖シャツ1 長袖シャツ2 

ご覧の通り、パンツは春夏秋冬いつでも真っ白のブリーフです。 
当然、そこは揺らぐことはありません(笑)

僕は寒いのがとても苦手なので、真冬の長袖シャツを着る時期は、背中にカイロを貼っていることがとても多いです。

カイロ貼り付け

中 学 生のときも、今と同じように、厳冬期(主に12月~2月)には、白の長袖シャツを着て背中にカイロを貼っていました。
また、セーターを2枚重ねて着るのも常でした。 
ジャンパーを着て登校できないので、中に重ねていくしかないのです。

この長袖シャツの着用とカイロの貼り付けは、校則に抵触するものでした(笑) 
僕が通った頃のK中では、カッターシャツの中の下着は "白のランニング" しかダメでしたし、カイロはもって来てはいけないことになっていたのです。 

ランニングしかダメ

厳冬期はカッターシャツの上にセーターも着ますし、学ランを脱ぐことも着替えの時以外にはまずないので、長袖シャツを着ていてもバレることはあり得ませんでした。 
カイロもシャツの背中のところへ貼っている分には、バレようがありません。 

校則は、基本的にすべて遵守していたまじめな僕の、ささやかな校則違反でした(笑) 


"オール白" の体育扮装への愛を語る ~白短パンを中心に~

日常的に身に着けていたアイテムに親しみを覚え、時には強く惹かれるようになるのは、自然なことと言えるのかもしれません。
僕にとって、"オール白" の体育扮装は、そのような類のアイテムです。

IMG_6562_resize.jpg IMG_6563_resize.jpg

「綿ポリの白短パン(前チャック&後ろポケット有)」と、「白のヨーク襟の体操シャツ」を、小・中と義務教育9年間にわたって、着用しました。

また、中学では体操帽子(校章入り)も白で、靴下と靴も白が指定。
さらに、短パンの中の下着はトランクス禁止で、白のブリーフを穿いて来るようにという指導になっていました。 
したがって、体育の時間はすべての着衣がもれなく真っ白
正真正銘の "オール白" でした。

授業の最初と最後には、正立&脱帽できちんと挨拶です。
係の生徒が「脱帽」「着帽」と号令をかけ、それに合わせて体操帽子を着脱するのです。

体育 脱帽挨拶(1) 体育 脱帽挨拶(2)

"オール白" の中学男子がずらりと整列し、正立&脱帽で挨拶する光景が、つねに運動場や体育館にありました。
もちろん、もれなく全員、体操シャツの裾は短パンの中へイン です。

トランクス禁止で、白のブリーフを穿かなければいけませんでしたが、さすがに(下の写真のように)短パンを下ろしてパンツを検査するようなことはありませんでした。

IMG_7370_resize.jpg IMG_7374_resize.jpg

実際にパンツまで検査をしていた中学が、かつては本当にあったはずで、ニュース沙汰になった事例もあります。
身体測定を下着姿で実施して、それが実質的にパンツの検査になっていたという場合もあるようです。

ただ、僕が通った頃の出身中学では身体測定も体操服での実施でしたので、着替えのとき以外にパンツ姿になることはありませんでした。(短パン重ねばきという文化が芽生えなかったようで、体育の着替えはみんなパンツ丸出しでしていました) 

パンツの検査は無かったため、本来は禁止の筈のトランクスをこっそり穿いてきている子もいました。 
おおむね、中1のときは3割程度,中3になると約半数が、トランクスでした。
股下5センチの綿ポリ白短パンとトランクスの相性は最悪だと思うのですが、それでもヤンチャくんや軟派くんはトランクスを穿こうとするというのが、21世紀初頭らしいです。まさに "トランクス全盛時代" でしたね。 
もちろん、短パンからトランクスがはみ出したりしていれば、怒られます。そうならないように、トランクスをギュっと上へ引き上げる&短パンをギリギリまで下げるといった工夫を凝らしていたみたいです。
(体操シャツの裾を短パンへ入れないのも厳禁なくらいだったので、当然、腰パンなんてものは許されるわけがありません)

きちんと白ブリーフを穿いてきているまじめ・素朴系の男子は、そんな涙ぐましい(?)努力とは無縁です。パンツがはみ出すことはありません。
でも、たとえば体操すわりをしてみると、下の写真のように股のところからブリーフが見えてしまう(いわゆる "ブリチラ" をする)というのはよくあることでした。

体育 体操すわりのブリチラ

みんなで体操すわりをして前に立った先生の話を聞くというのは、とてもよくあることです。
きっと先生からは僕らのパンツが見えまくっていたでしょうね。
(白短パンの着用じたいが、パンツ検査と近い感じになっていたとも言えそうですね)

生徒同士でも、腹筋の補佐で足を押さえたりすると、パンツが見えるのがごく普通のことでした。 

白短パン 腹筋

下の写真のような体勢は、体育授業でしがちだと思うのですが、こういう何気ない体勢でも白ブリーフが見えてしまいます。
それが、股下5センチの白短パンというものだったのです。

IMG_7346_resize.jpg IMG_6587_resize.jpg

さらに、綿とポリエステルの素材で白色ということは、(ご想像通り)透けます。
アキレス腱伸ばしや、膝の柔軟体操をすれば、ご覧の通り。
きちんと指導を守って白のブリーフを穿いているまじめ・素朴男子であることが一目瞭然です(笑)

IMG_7490_resize.jpg IMG_7484_resize.jpg

短パンのサイズが小さめだったりすると、より一層 "ブリーフライン" が際立ちます。 
体格的には、僕のような痩せ体型よりも、ぽっちゃりした体型の人のほうが出やすい印象です。

馬跳びの馬とかやると、お尻を突き出すような感じになるので、透けやすいですね。

IMG_7491_resize.jpg

他にも、四つん這いとか、クラウチングスタートとか、"ブリーフライン" が出やすい体勢はいろいろありますね。 

Special thanks to twitter.com/26tLjylqvr00GNX
K中 白短パン ブリーフライン

僕が中学を卒業してから、18年も経ってしまいました。 
"オール白" で体育をしていたあの頃が懐かしいです。

愛着ある大好きなこの体育扮装を、今でもしばしば、部屋の中でしてみたりします。
(さすがに外へ繰り出すのは憚られますが・・・) 
幸せというか落ち着くというか、たいへん良い気分になります。

20世紀のうちは、綿ポリ白短パンを採用していた小・中 学校も数多くありました。1つの定番でした。 
「男子の体操服と言えば白短パン!」というイメージが強いという人も、アラフォー以上の世代には多くいらっしゃることでしょう。 
21世紀に入ってから、クオーターパンツやハーフパンツへの移行が進み、綿ポリ白短パンがどんどん消えていきました。
僕の出身中学でも、2010年度限りで消滅しました。(女子と同じ、股下15センチほどの黒のクオーターパンツへ移行) 
令和の時代を迎えるまでには、綿ポリ白短パンを採用する学校は、おそらく絶滅したのではなかろうかと思っています。各メーカーの製造もストップしたようで、入手が困難な品物になっています。
寂しいです・・・。

今の男子のパンツの主流は、圧倒的にボクサーブリーフになっています。
股下5センチはダメにしても、股下8センチ程度の短パンであれば、ボクサーブリーフがはみ出すことも無いと思うのですけれどね。
運動するときに、あまり丈が長すぎると動きづらいのではないのかと、どうしても思ってしまします。

※ 短パンとクオパンとハーパンの丈について、明確な基準はないものと思いますが、僕の感覚では下のような感じです。
   ・ 股下10センチ未満 ⇒ 短パン 
   ・ 股下10センチ以上20センチ未満 ⇒ クオーターパンツ
   ・ 股下20センチ以上 ⇒ ハーフパンツ 
 ハーフパンツはどうにも好きになれません。
 そこまで丈を長くするのなら、いっそ、ジャージの長ズボンにしたら良いのにと思ってしまいます。

令和の中学男子たちに、股下5センチの綿ポリ白短パンを渡したなら、どんな反応になるのでしょうね。
僕の予想は、「下着だと思われる」です。
白のトランクスだと勘違いして、上にクオーターパンツやハーフパンツを穿くでしょうね(笑)

僕の大好きな白短パンも白ブリーフも、一度も穿いたことがないという世代が、増えていきそうです。
本当に寂しいです。
どうにもできませんけれどね。時代の流れには簡単には抗えません。


謹賀新年 令和3年

謹賀新年 令和3年 

謹賀新年 令和3年

新型コロナウイルスの影響で、先行きの不透明な社会情勢が続きそうですが、
皆様にとっても僕にとっても、少しでも幸多くあることを願いたいものです。

写真は、ホウキの柄で "ケツバン" されている僕です。

学生服から体操着へ更衣する動画 (2020)

この記事は、有料のブロマガに設定されています。
販売価格は 300円 です。

内容は、学生服 から 体操服(上下白)への更衣 を撮影した、約2分間の動画です。
流れは以下の通りとなっております。

1.学生服(黒)を脱ぐ
2.学生ズボン(黒)を脱ぐ 
3.短パン(白)を穿く 
4.カッターシャツ(白色長袖)を脱ぐ 
5.ランニングシャツ(白)を脱ぐ 
6.体操シャツ(白)を着る 

被写体は、2020年の僕自身です。
パンツはもちろん白無地のブリーフです。
和室にて撮影しました。 

限定的な公開としたいため、有償での公開としております。
ご自身の責任の下よくお考えのうえで、ご購入ならびにご閲覧くださればと思います。
なお、PCあるいはスマートフォンからの閲覧を推奨します。

※ 一度ご購入いただくと、そのFC2IDへログインした状態であれば、何度でも視聴可能です
※ 何らかの理由により、やむを得ず公開停止する場合には、事前に告知します

学生服から体操着へ更衣する動画 (2020)
170文字
マガブロ画像:0枚
マガブロ動画:1
マガブロを購入する

Appendix

プロフィール

日光(Nikkoh)

Author:日光(Nikkoh)
ギリギリ昭和生まれのゲイです。
生粋の白ブリーフ派。幼少の頃から30年と少し、僕のパンツはずっと変わらず、真っ白なブリーフ(スタンダード)オンリーです。 
白ブリーフ・白短パン・スパンキングなどについて、いろいろ調べたり妄想したりしています。
このブログへは、それらのフェチに関する内容について書いた記事を格納していきます。
《 未成年者の閲覧を禁止 》します。
成人の方は、ご自身の判断と責任に基づいてご覧ください。
なお、当ブログには、

・ 現実の人間関係においての一切の体罰や暴力行為
・ 現実の教育における管理教育

を推奨する意図はありません。

最新コメント

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR